赤ちゃん連れに超オススメ!0歳でも楽しめる西武園ゆうえんち&掬水亭に行ってきました【後編】

前編の西武園ゆうえんちレポはこちら↓

昼3時【掬水亭にチェックイン】

西武園ゆうえんちに一番近い旅館『掬水亭』は、遊園地西駅の後ろにこんな感じで見えます。

正面から見ると全面ガラス張りで、最初見たときは植物園?だと思っていました(笑)

駅からの道は階段を使うと徒歩3分ほどだと思うのですが、ベビーカーだとわりと急な坂道を登ったり降りたりして道も回りこまなければいけないため10分くらいかかります。

可能ならベビーカーをたたんで抱っこ紐で階段を使った方が行きやすいかもしれません。

今回泊まったお部屋内部はこんな感じ。和室でけっこう広い!

全館禁煙らしく、タバコくささもありませんでした。

他にも洋室と和室がくっついたお部屋もあるようでしたが、洋室がベッドルームでベビーベッドの貸し出しはないので、和室を選びました。

モニョ子は初めての畳でしたが、興味深々にカリカリしてました。

畳だとズリバイが捗るらしく、ずんずん移動して色んな場所を大探索。夕食前までずっとキャハキャハしてました。

ただの和室なのにそんなに新鮮な反応してくれるなんて可愛すぎる。好き。

着いて数分で「連れてきてよかったねぇ」と旦那と涙を流しました。

部屋の外には多摩湖と富士山が!この日は寒く空気が澄んでいるせいもあってか、富士山がくっきり見えて感動。

窓側には掘りごたつがあって床暖になっているようでしたが、モニョ子の落下が怖くて椅子と枕でガードしたら謎の儀式みたいに…

ベッドメイクしてもらう時もそのままにしちゃっていてちょっと恥ずかしかった(笑)

もう少し大きくなったらかくれんぼとかで子供も喜びそうです。

今思うと、ちょっと入ってみても良かったな。

電話やメモ帳、ティッシュなどは床の間にまとめて置いてあったのですが、そこもモニョ子がしつこく触ろうとするので、奥に移動させてトランクや荷物でガードしました。

赤ちゃんがいるとこの辺の見た目の悪さは仕方がないですね。。

 

夜5時【レストラン天外天で夕食】

ちょっと早めにレストランで夕食。

部屋食には原則できないそうで、旅館の6階にある『天外天』へ。

景色がいい窓際の席に案内されました。

ちょっと残念だったのが、子供用ハイチェアにベルトがついてなかったこと。

コース料理だったのでずっと抱っこしているのも大変だし、仕方ないので部屋から持ってきた浴衣の帯でハイチェアに固定しました。

赤ちゃん連れの場合は持ち運びできるタイプのチェアベルトがあれば持って行った方がいいと思います。

離乳食を旦那と交代で食べさせたり、借りた子供用のスプーンで遊ばせたりしながら食事しましたが、コースなので料理が出てくるタイミングがゆっくりで、最後の方はモニョ子も飽きて奇声発しまくり;;

旦那に抱っこで店外に連れ出してもらいつつなんとか完食。

お料理自体はとても美味しかったのですが、このレストランはみんな家族連れというわけではなく静かに料理とお酒を楽しむ雰囲気だったので、長時間の食事はハラハラしました。

部屋食ができるようになるととても有難いんですが…そういうプランお待ちしてます(笑)

 

夜6時30分【大浴場で入浴】

大人のお風呂は後から交代でモニョ子を見ながら行くことにして、とりあえず先にお風呂に入れに大浴場へ。

お客さんは私たちのほかに2~3人しかいなくて気兼ねなく利用できました。

写真はさすがに撮れなかったのですが、大浴場の脱衣所にはベビー用のプレイヤード(簡易ベッド)が置いてあり、脱走の心配なく着替えさせやすかったです。

また、おむつ専用のゴミ箱までありました。

こういう設備、赤ちゃん連れにはとてもうれしい!

浴場にはベビー用バスチェアとベビーバス、それにお風呂用のおもちゃがいくつか自由に使えるように置いてありました。

しかし、おむつが取れていない子供は浴槽には入れないのでせめてベビーバスにお湯をためてつからせてあげようと思ったのが間違いでした…

濡れたベビーバスの中で激しく動き回るモニョ子、案の定すべってこけて泣いてしまい、それ以降グズグズ。

これは私の選択が悪かった;;

機嫌が悪いまま体を洗ってそのままあがりました。普通にバスチェアの方使えば良かった…すまん、モニョ子よ…

もうちょっと大きくなっておむつも取れたら大きいお風呂はまた再チャレンジしたい。

ちなみに一番困ったのは赤ちゃん用のボディソープとシャンプー。

赤ちゃん用で旅行用のサイズのものが近所の薬局などには売っていなかったので今回はベビー用せっけんを100均のケースに入れて持っていきました。

今回の旅行は前日に決めたので準備期間がなかったのですが、ベビー用ソープやシャンプーがセットになっているトライアルキットを通販で買っておけば荷物も減らせてよかったなと思います。

 

夜8時【モニョ子就寝】

夕飯後に部屋に戻ると布団が敷いてありました。

予約の際に子供用の布団を借りられると聞いていたのでてっきりベビー布団だと思っていましたが、大人用の布団が3枚普通に敷いてありました(笑)

モニョ子は広い布団に大喜び。いつもは狭いベビーベッドに頭を打ち付けながら寝てるもんね…

必死にハイハイして楽しんでいました。

この旅行で一番心配だったのが、睡眠問題。

テンションが上がって興奮したり、環境が変わって緊張したりで寝つきが悪くなること覚悟でした。

また、普段は静かで暗い寝室に寝かせていて、大人は起きている状況で同じ部屋で過ごしたことがなかったので、テレビとか見れないかなーとも思っていました。

そんなことは杞憂に終わりました。

結果的にふつーに寝て、夜のミルク1回で朝までぐっすりでした(笑)

初めての遊園地に、初めての和室に、たくさん体を動かしてよっぽど疲れてたようです。

大人が寝る12時頃まで、窓と壁際に布団をくっつけて障子を閉めて寝かせました。

音は丸聞こえなはずですが、荷物の整理でガサガサしたりテレビを小さい音ですがつけていても超ぐっすり。

モニョ子が寝た後は一人で大浴場へ行きゆっくりお湯につかることができました。

ちなみに早い時間だからさっきはお風呂混んでなかったのかな?と思っていましたが、21時くらいでも私以外誰もいませんでした。

予約も前日に空いていたくらいで、西武園ゆうえんち並みに経営状況が心配になります…ぜひ行ってあげて…

そういえば哺乳瓶ですが、洗剤や電子レンジは置いていないので回数分の哺乳瓶か洗剤を持っていくことをおすすめします。消毒もやっている月齢の赤ちゃんの場合はつけ置きタイプの消毒液もあると良いかもしれません。

 

朝6時【起床】、朝7時30分【レストラン天外天で朝食】

めずらしく大人より遅起きだったモニョ子はたくさん寝て朝からご機嫌。

起きてさっそく部屋探索を始めました。

着替えなどして朝食もレストランへ。

朝食は和風の定食でした。

赤ちゃん連れだと定食スタイルの方が食べるスピード自分で決められるし正直助かります。

昨日と同じくハイチェアに浴衣の帯で固定して、せんべいとスプーンでごまかしながら朝食。

この時は他にお客さんはいたものの、そんなに混んでいなかったので叫び声をあげられても、夜みたいにヒヤヒヤすることなく食事できました。

窓際の席だったのですが、正面に多摩湖と富士山が見えてすがすがしい景色でした。

お料理も中華割烹旅館なのに和風膳なのは謎ですがとても美味しかったです。

 

朝9時【チェックアウト

朝食後、部屋に戻ってチェックアウトまで少し時間があったので、交代で朝風呂へ。

この時も誰もいなくてゆっくりできました。

モニョ子は部屋を出る最後の最後までご機嫌。

持ってきたおもちゃは殆ど出番なく、その場のもので楽しめていたようでした。

帰りは多摩湖周辺を少し散歩しているうちにベビーカーの中で朝寝しました。

 

【後編まとめ】

  • 掬水亭は赤ちゃん連れを配慮してしてくれているいい旅館。
  • 受付スタッフやレストランの店員さん方も赤ちゃん連れということを優しく見守ってくれる雰囲気。
  • 人が少なく静かでゆっくりできる。
  • 全館禁煙なのでタバコくさくない。
  • 部屋が広くて赤ちゃんものびのび遊ばせられる。
  • 部屋もレストランも大浴場も多摩湖と時期と天気によっては富士山も見えて眺望が良い。
  • 駅からの道のりはベビーカーより抱っこ紐がおすすめ。
  • レストラン利用時は持ち運びできる椅子用ベルトがあると良い。
  • 布団はベビー用ではないので、気になる方は対策を。
  • 大浴場にはプレイヤード、おむつ用ゴミ箱、バスチェア、ベビーバス完備。
  • 哺乳瓶用の洗剤はないので持参がおすすめ。

 

 

【西武園ゆうえんち&掬水亭0歳児連れ小旅行まとめ】

前編で立てたこちらの理想のスケジュール。

【タイムスケジュール】
〜10:00 朝寝後、出発
11:00 西武園ゆうえんち着
12:00 レストランで昼食&離乳食(離乳食1回目)
13:00 アトラクションめぐり
15:00 チェックイン、ミルク後昼寝(ミルク1回目)
18:00 夕食&離乳食(離乳食2回目)
19:00 お風呂
20:00 モニョ子就寝(ミルク2回目)
24:00 ミルク(ミルク3回目)
6:00 起床
7:00 朝食
8:30 ミルク後ベビーカーの中で朝寝、チェックアウト(ミルク4回目)
ミルク計4回、離乳食計2回

実際はどうだったかというと

【タイムスケジュール】
9:00 朝寝しないまま出発
10:00 西武園ゆうえんち着,モニョ子朝寝,園内一周
11:00 レストランで昼食&離乳食(離乳食1回目)
12:30 アトラクションめぐり
13:30 モニョ子昼寝を1時間,その間親は遊園地なのにポケ森
14:30 モニョ子起床,ミルク(ミルク1回目)
15:00 掬水亭にチェックイン,モニョ子は部屋探索で大興奮(寝ない)
17:00 夕食&離乳食(離乳食2回目)
18:30 お風呂
20:00 モニョ子就寝(ミルク2回目)
24:00 ミルク(ミルク3回目)
6:00 起床
7:30 朝食
9:00 ミルク後ベビーカーの中で朝寝、チェックアウト(ミルク4回目)
ミルク計4回、離乳食計2回

遊園地ではモニョ子の睡眠事情に若干振り回されたものの、夜はぐっすり眠ってくれて大人も寝不足にならずに済みました。

多分、この時のことをモニョ子は大きくなった時覚えていないと思います。

でもいいんです。最高の笑顔がたくさん見られたから!

子供が喜んでくれるのが、一番です。

もし近場での小旅行を、赤ちゃん連れということでためらっている方がいたら、最初はぜひ西武園ゆうえんち掬水亭へ!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です